腰痛というのは、誰でも起きる可能性があります。

 

それは、知らず知らずのうちに、腰を使っているので、無理をした時に起きることがあるのです。

 

そのため、普段の生活の中で、腰痛が起きることを避けることが大切です。

 

その内容について、まとめてみました。

 

 

 

・急に動かない

 

 

 

動く時に、急に立ち上がったりすると、腰を痛めることがあります。

 

急な動作は腰痛の原因となるので、ゆっくり動くことを心がけましょう。

 

 

 

・寝る時は横向きになる

 

 

 

寝る時の体位としては、横向きに寝ることをおすすめします。

 

横向きで寝るということは、腰への負担を少なくすることができるからです。

 

また抱き枕等を利用すると、より腰への負担を少なくすることができます。

 

 

 

・ビタミンB1の食材を取る

 

 

 

ビタミンB1には、筋肉を疲れを修復させる働きがあります。

 

そのため、ビタミンB1を多く含む食材を取るようにしましょう。

 

 

 

・腰を曲げる動作を避ける

 

 

 

腰を曲げることによって、腰部に負担がかかってしまうことになります。

 

そのため、腰を曲げることはなるべく避けて、膝を曲げる動作をするように心がけましょう。

 

 

 

腰痛はふとした時に、起きてしまいます。

 

そのため、常に腰をいたわる気持ちを持って行動することが大切です。