一度でもぎっくり腰を経験したことのある人は、あの一瞬がいかに恐怖の瞬間であるか分かるとお思います。

 

ちょっとでも腰痛があると、ぎっくり腰になりやしないかと、慎重に行動してみたり、コルセットを巻いて早々と予防をしてみたり、色々と対策を練ってはみるものの、厄介なぎっくり腰は油断した瞬間を見逃さずふとした時に再発します。

 

 

ぎっくり腰に初めてなると、驚くほど動けません。

 

よく頑張って接骨院や整形外科に行く方がいますが、これはやめた方が良いです。

 

ぎっくり腰の時は、痛みが治まるまで良く冷やして「安静」にすることが大切です。

 

横向きでも四つ這いでも、楽な姿勢をとり、患部を冷やしてください。

 

病院に行くのは、ひどい痺れがある時や、吐き気がひどい時などぎっくり腰以外にも症状がある場合です。

 

 

 

とにかく患部を安静に保って、モットンで毎日寝ることを徹底して
症状が改善するのを待ちましょう。

 

モットンで寝ることで体を自然な状態に矯正できますので効果が期待できます。

 

ぎっくり腰の嫌なのは、何度も繰り返し発症するという点です。

 

慢性化すると、持った荷物の重い軽いに関わらず、前かがみになったでけで発症したり、椅子に座って手を前に出しただけでもぎっくり腰…なんていう状態になってしまいます。また、慢性的な腰痛に悩まされていることもあります。

 

 

 

そのように繰り返し発症する人は、ぎっくり腰の恐怖から逃れようと、日常的にコルセットを手離せない人が多いです。

 

 

 

腰のコルセットは、腰や背中、お腹の筋肉を補助して腹圧を高めて身体を安定させます。

 

そうすることで、ぎっくり腰になりにくくなったり、腰痛を緩和することができ、ぎっくり腰になった直後には、非常に役立ちます。

 

 

 

しかし、治ってきてからもコルセットに頼ってはいけません。

 

身体を安定させるのは、本来であれば自身の腹筋や背筋の働きです。

 

コルセットはその働きの代わりになります。

 

いつまでもつけていると、自身の筋肉が働かなくなり、だんだんとコルセットなしでは身体を支えることができなくなるほど筋力が低下してしまいます。

 

 

 

そうすると、ぎっくり腰をくり返すようになるのです。

 

ぎっくり腰を繰り返さないためには、コルセットを外して、自身の筋肉を鍛えるようにしましょう。

 

 

治ったからと言ってモットンで眠るのはやめないで続けて睡眠をとることが大切です。