ある朝主人が朝起きると、腰が痛いと言い出すようになりました。
腰だけではなく、ぐっすり寝れずに疲れがだいぶ溜まっている様子。
仕事で遅く帰る日も多く、睡眠不足が続き体調も悪そうでした。
睡眠時間が短いのも問題ですが、もしかして腰が痛いのはベットのせい
なのではないか?と思いました。
結婚したときに購入したベットとマットレス。
新婚当時の新生活は、揃えるものがたくさんあって出費が多く、
あまりいい物を買うことはできませんでした。
購入してもう5年がたっていましたが、マットレスを良く見てみると
ちょうど腰の部分がへこむようにへたっていました。
マットレスは重力を分散させる為に上と下を入れ替えて使うといいと
聞きますが、裏は硬くて使える状態ではなく、上下を変えても真ん中が
ぽっかりへこんでいて、もうこれはダメだと主人も私も諦めました。
そこで大手の家具屋さんに行き、ベットマット探しへ。
そこには、フランスベットやシモンズ、シーリー、西川、サータなど
有名なベットの数々が。高級ホテルで使われているというベットに

横になれるだけでも、テンションが上がりました。
いろいろなベットマットに横になり、今まで寝ていたマットレスと比べてみて、
主人の好きな寝心地は、固めということがわかりました。
重心がどうしても腰に集まってしまうので、腰がへこまない物を探すことに。
でも固めだと、腰の重心が逆に負担を感じる様子。
ああでもないと悩んでいるうちに店員さんが、話を聞きにきてくれました。
だいたいの悩みを相談してみると、「それなら日本ベットがいいですよ」と
おすすめしてくれました。
日本ベットというシンプルなネーミングで、あまり気をかけて
いなかったのですが、改めて見てみると寝心地がふんわりやさしいのに、
横になってみるとしっかりと体を支えられている感じで、
どこにも負担が感じないのです。
これには、主人もびっくりしていました。
ちょっと高めなのですが、毎日遅くまで働いてくれる主人の為、
これからの健康の為に日本ベットのマットレスに決めました。
今は、毎晩気持ち良くいい睡眠ができているようでよかったです。